忍者ブログ

いつかあの空へ…

TWの片隅で不定期に更新予定。ある獅子の記録…。

[116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

秘密ではない秘密の部屋

ぱたりと、扉を開けたときは
…もう、夕暮れ時だった


コヨーテと共に帰宅したとき
いつも居るはずの黒いアイツは何処にも存在せず
…いつもよりも、静かだった

「……全く、アイツなら…騒々しく迎えてくると、思ったのに」

出かける前に置いていった帽子を手に取る前に、
生真面目に整えていった普段着の留め具を外す
思考は真面目な方だと思っているものの
どうしても、服装だけは着崩していたかった

「……やはり、コイツがないから緊張してた、か」

いつもよりも深めに帽子を被り、やっと安堵出来たのか
誰にも見られてないのを良い事に、仄かに微笑を零す
その間パタパタと歩き回る音がなく
狼姫が何も言わずに尾をゆらりと揺らして座っていて
こちらを見上げていた
間違いなく、今の笑みは狼姫が凝視していたが
照れ隠しのように無言で頭を撫でると、嬉しそうに擦り寄ってくる

「……見なかった事にしておけ、内緒だ、内緒」


狼姫をひとしきり撫でて、壁際に座り込むと
アイスレイピアの柄頭に付けていった武器飾りをそっと外して
傍らにおいて、読み掛けの本を開いてしまえば
もう、いつもと何も変わらない日常にかえっていく


ーーーーーー


最近はひと紡ぎで、もふもふとしたマフラーを色んな人が付けているのが
……それとなく、羨ましくて
明るい蒼の、武器とお揃いのマフラーを購入してきてしまった
何故白ではないのか、それは…………時々帽子のみみを首に巻いてるからな
同じ色では付ける回数が減ってしまうと、思った
折角だからと、蒼でお願いしてしまった、のだが…
狼姫の毛布と化しているのを怒れないでいるのもまた、現実なのだろう
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

ロップイヤーの日 HOME ダルク金貨防衛戦:秘密の部屋の秘密

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

HN:
ゼルガ
性別:
男性
趣味:
読書
自己紹介:
弓を愛する、白い獅子。
帽子を愛する、白い狼。
同居人、黒い犬。


白の住人は、気まぐれ無口
…喋るときは良く喋るケド。
唯一共通するのは
両耳の一対の紅いカフス。

黒の住人は、気まぐれ遊び
戯れに、そして、戯れに。


狼姫荒哉(銀雨)
狼姫兎斗(サイファ)

カウンター

忍者アド

アクセス解析

忍者アナライズ

フリーエリア

コガネモチ

最新CM

[11/07 「強欲」の怪盗]
[10/06 ゼルガ]
[10/04 クニークルス]
[07/03 ライ]
[07/02 クジャ]


忍者ブログ [PR]
template by repe