忍者ブログ

いつかあの空へ…

TWの片隅で不定期に更新予定。ある獅子の記録…。

[114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Wolf which gnaws

…最近、何だか忙しい。
黒いのが、俺の本を勝手に棄てたり、貸したりしているからではないのは確かだが…


……俺の所有物に手を出すのは、止めて欲しいものだ


―――星を見て、空を見て

――風を感じて
(そして『ユメ』を夢見る



「おい…おい、白いの!起きろッつーの!」
少し乱暴に俺の眠りを妨害したのは同居人、いつもの黒いの
「……なん、だ」
こいつでなかったら、スピリットの牙を向けていたところだ
目を擦り、そして、起こしてきた男を見上げて俺は問う

「××××ッつー本の続きはどこだ!俺は早く続きがみてえェんだよ!」
――それはまるで、野犬のような勢いで…
早く答えねば肩を掴まれて
ギャーギャーと吠えられると、直感した
「……お得意の、大好きな、星霊と探せばすぐだろう」
眼鏡を外して、優しく目を擦って
ぼやける視界を少しでもクリアなものとして見ていたくて
緩慢な動作で、その場を濁す
「………冷静に考えれば、確かにそうだがよォ」
少し気分が落ち着いたようで黒いのが溜め息交じりに言葉を零す
「てめェの所有物だろ」
言葉と友にパチリと指を鳴らし、スピカとバルカン、ヒュプノスがふわりと現れた
軽い足音が床を駆けて行く

「そのとおりだが、俺の眠りを、妨げるのはダメだ」
「……俺のスピリット達は探しものを見つけるより、……




―――黒いのと、星霊たちの捜索模様を見ながら
――再び睡魔が手招きする…

――新たな友、ディノスピリットに背を預け
――いつもとは違う、不思議の夢を、見る

―――俺のスピリットは、何かを撃つ穿つ事よりも
―…俺と共に、緩慢な時間を過ごす事を望んでくれるだろう…




……それは他でもない、俺が
戦いに身を置く事に、未だ踏み切れて居ないからだ

いずれは、全体とは言わず…行きたい、ものなのだが…
……スピリットが揃いも揃って、首を縦に振ってはくれない
――…今はまだ、時期ではないのだと
――星屑のような光を纏い、スピリット達が促す

――だから、俺は本の中のユメを見て
―――…夢の中でユメを見て、現実となる日を、夢に見る
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

ダルク金貨防衛戦:秘密の部屋の秘密 HOME 紫煙の雪。

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
ゼルガ
性別:
男性
趣味:
読書
自己紹介:
弓を愛する、白い獅子。
帽子を愛する、白い狼。
同居人、黒い犬。


白の住人は、気まぐれ無口
…喋るときは良く喋るケド。
唯一共通するのは
両耳の一対の紅いカフス。

黒の住人は、気まぐれ遊び
戯れに、そして、戯れに。


狼姫荒哉(銀雨)
狼姫兎斗(サイファ)

カウンター

忍者アド

アクセス解析

忍者アナライズ

フリーエリア

コガネモチ

最新CM

[11/07 「強欲」の怪盗]
[10/06 ゼルガ]
[10/04 クニークルス]
[07/03 ライ]
[07/02 クジャ]


忍者ブログ [PR]
template by repe