忍者ブログ

いつかあの空へ…

TWの片隅で不定期に更新予定。ある獅子の記録…。

[163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

恩人

アクスヘイムで迷惑をかけ続けたが
……もう、言葉を交わせる場はないだろう。






投獄されてる間、時折話し相手になッてくれていた城塞騎士
あの男ならば、生き残ッただろうと思いつつも、あの姿をさがす

あの男が勤めていた詰所……牢獄も、例の斧が消えてから、廃墟と化して
犯罪者が逃げたり、潰されていたり、悲惨なもんだッた
しかし、あの男の影はない



「……おいそこいくにーちャんよ、ここら辺に詰所あッただろ」
瓦礫の撤去等で忙しいだろう男に、不躾ながら声をかけてみたものの
返事はなく、首を振るばかり
彼は此処に来たくてきたわけじャない、労働者の一人だッたのかも知れない

行くあてもなく、詰所の周囲をぐるりと巡ッてみると
見覚えのあるヒシャゲタ兜を見つけた
相当に凹んで、所々に血痕が見える



「そうか……アンタは…」

あの男は、人殺しが大層嫌いだッたから
斧の異変に慌てて他の騎士たちを、犯罪者を逃がしたのだろう
エンドブレイカーではないものの、勇敢に戦ッて……

「……あんた、立派だよ。俺なんかより、ずッとな」
どこかに、あの男が持ッていた武器があるかも知れない
それを探し出すまでは、少々、大変そうな現実が目の前にあッた


あの男が果たして死んだのか
俺に分かることはほぼ無いが、重症を負ッた事は確かだろう
生きていれば、復興に尽力したいところだが…
元犯罪者の俺に、出来ることは…再犯を食い止める事
それくらいが、限界だろう
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

あかいはな HOME それでもそれは、みえるから

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

HN:
ゼルガ
性別:
男性
趣味:
読書
自己紹介:
弓を愛する、白い獅子。
帽子を愛する、白い狼。
同居人、黒い犬。


白の住人は、気まぐれ無口
…喋るときは良く喋るケド。
唯一共通するのは
両耳の一対の紅いカフス。

黒の住人は、気まぐれ遊び
戯れに、そして、戯れに。


狼姫荒哉(銀雨)
狼姫兎斗(サイファ)

カウンター

忍者アド

アクセス解析

忍者アナライズ

フリーエリア

コガネモチ

最新CM

[11/07 「強欲」の怪盗]
[10/06 ゼルガ]
[10/04 クニークルス]
[07/03 ライ]
[07/02 クジャ]


忍者ブログ [PR]
template by repe