忍者ブログ

いつかあの空へ…

TWの片隅で不定期に更新予定。ある獅子の記録…。

[150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いつかどこかで

おれは、いつから「きみ」をしっていて
……「きみ」は、いつのおれから、しっている?

「…また、会ったな」
「そのようね。ふふ、久しぶり」

ふと、気がつくと、妙に大人びている『きみ』と出会う。
街角で、酒場で。
散歩中に、戦争終了時に。

「元気そうで、なによりだ」
「それはゼルガも、でしょう?」

ひとこと、ふたこと。
『きみ』と交わす言葉はいつもそれだけ。
でも、それでもいいと、思ってた。





ーーーーーーーーー

俺は『君』をいつから、知ってた?
いや、『君』はいつから俺を、知ってた?

はじめに出逢ったのは、いつだっただろう。
……いくら考えてみても、答えは出ない。
『答え』は、『君』の記憶に、眠り続けているらしいから。

俺の違和感は、『本の記憶』。
『君』は、この『本』の中に登場する人物に、似ている気がする。
『獅子』の友人の『少年』に、よく、似ている。
…もし、それを『君』に問いかけたら…『君』は何というのだろう。

笑って、俺の頭を撫でてくるかも知れない。
もしくは『秘密』、と悪戯する子供のように誤魔化すだろうな。

『君』がそういう行動に出るのを、俺は、知っている気がする。
何故だろう、不思議と、いやではない。
ただ……何度考えても、『何故』知っているのか、それだけはわからない。





「あたしは、知っているもの。『あなたを』」
「『あなた』の『本』を、あたしは信じるわ。だって、あたしは『知っている』んだもの」

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

エンドレスゲーム HOME どうしてそうなった

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
ゼルガ
性別:
男性
趣味:
読書
自己紹介:
弓を愛する、白い獅子。
帽子を愛する、白い狼。
同居人、黒い犬。


白の住人は、気まぐれ無口
…喋るときは良く喋るケド。
唯一共通するのは
両耳の一対の紅いカフス。

黒の住人は、気まぐれ遊び
戯れに、そして、戯れに。


狼姫荒哉(銀雨)
狼姫兎斗(サイファ)

カウンター

忍者アド

アクセス解析

忍者アナライズ

フリーエリア

コガネモチ

最新CM

[11/07 「強欲」の怪盗]
[10/06 ゼルガ]
[10/04 クニークルス]
[07/03 ライ]
[07/02 クジャ]


忍者ブログ [PR]
template by repe