忍者ブログ

いつかあの空へ…

TWの片隅で不定期に更新予定。ある獅子の記録…。

[80]  [79]  [78]  [77]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [69]  [68

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

放つ心

(TW1・白獅子)

無限に重ねる月日の中で、俺の心はどこへ行ったのだろう
…失った友を追いかけた、というわけではないようだが…

時の流れを見続ける者へと
自分の在りようを変えたのは覚えている



失ったのは体でもなく、意志でもなく、心だ


相棒と共に、えんでぃんぐとやらを壊してやった
俺の出来うる、全てを用いて。
何万年と時を重ねても、戦いの記憶はどうやら抜けることはないらしい。

今を生きる、魂の絆を結びし者に全てを伝えたかったな
…慌しく、そして、唐突に分かれてしまった。
もう、2度と会うことはないだろうに。
でも俺は後悔していない。
俺が、そこにいた確かな事柄として、俺のナインテイルがそこで彼らを見守っているから。


恐れはない、悔いもない。
確かな存在として、俺との繋がりがそこにあったから。
…紅いカフスが、何よりも絆を感じさせた。


俺の心は、魂の回廊から別の回廊へと迷い込んでしまった
例えるならば、時の回廊。
どこもかしこも、時の流れが可笑しい。
ぶつかり合い、押し合い、そして消えていく。

召喚獣を別の時間軸へ置いてきてしまったことで、回廊が荒れている。
俺は自分の意志で、戻ることもままならないのだろう。
……だが、この空間に残されたのは俺だけではない。
…長年の相棒、あの蒼紫狐も一緒なのだから。


たとえ、永久に懐かしき故郷の空を見れずとも。
俺の存在はここにある。
一度消えた、死んだ、とされるこの身だ。
……俺は、ここにいるんだ。
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

穿つ空 HOME 銀色の旋律

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
ゼルガ
性別:
男性
趣味:
読書
自己紹介:
弓を愛する、白い獅子。
帽子を愛する、白い狼。
同居人、黒い犬。


白の住人は、気まぐれ無口
…喋るときは良く喋るケド。
唯一共通するのは
両耳の一対の紅いカフス。

黒の住人は、気まぐれ遊び
戯れに、そして、戯れに。


狼姫荒哉(銀雨)
狼姫兎斗(サイファ)

カウンター

忍者アド

アクセス解析

忍者アナライズ

フリーエリア

コガネモチ

最新CM

[11/07 「強欲」の怪盗]
[10/06 ゼルガ]
[10/04 クニークルス]
[07/03 ライ]
[07/02 クジャ]


忍者ブログ [PR]
template by repe